カテゴリー
最近のコメント
RSSフィード
最近の記事
月別アーカイブ
プロフィール

カスター@

Author:カスター@
人生の午後12時をとうに過ぎた
おじさんデザイナーです。
とりあえず、
これからの人生を考えつつ
ゆっくりアップしてゆきます。

メルマガやってます!

メルマガ登録・解除
デザイナー3年目 クライアントとのつきあい方読本
   
バックナンバー
powered by まぐまぐトップページへ

リンク
このブログをリンクに追加する
ランキング
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | 【--------(--) --:--:--】 | Trackback(-) | Comments(-)
意図を伝える方法
デザインの意図をクライアントに伝えるということは、
それだけでひと仕事だ。

もしこれを上手くやり通せたら、その仕事は完成したも同然だ。
でも大きな落とし穴もある。
当方と相手方にズレがあるのに、双方納得したという誤解である。

この誤解しているという事実を見つけるのは難しい。
しかも、かなり後になってから、その事実が発覚するのだから
始末が悪い。

これを回避するのに必要なもの‥

“意図を伝える方法”の続きを読む>>
スポンサーサイト
デザイナーの仕事 | 【2006-12-31(Sun) 01:21:56】 | Trackback(-) | Comments:(0)
ピンクのカード
ゴルフ練習場の会員カードデザインの仕事。

全面ピンク(M100%)のデザインが仕上った。
社長の奥さんと娘には大好評。
社長と専務は渋い顔…。
結局声の大きい方の意見で決定=ピンクカードの誕生である。

でも‥

“ピンクのカード”の続きを読む>>
デザイナーの仕事 | 【2006-12-28(Thu) 22:07:32】 | Trackback(-) | Comments:(0)
目立つとは何か?
クライアントのオーダーのなかで多いものといえば、
「ともかく目立たせてよ」「目立っていればOKだから」
ではないだろうか?

クライアントの心中の大半が
「モウカンガエルノガメンドクサイ」という思考停止状態と
「ハンノウガナカッタラドウシヨウ」という恐怖に根拠がある。

そもそもふつうのレベルでいうところの、
目立つ目立たないの判断は相対的なもの。
相手と比べてどうか?というもの。

だからデザイナーはテクニックでなんとでもできる。
相手さえ特定できれば対処のしようがある。

でも‥


“目立つとは何か?”の続きを読む>>
デザイナーの仕事 | 【2006-12-27(Wed) 12:36:26】 | Trackback(-) | Comments:(2)
ふと思い出した
今日、ふと思い出した。

数年前は泥の海で一生懸命泳いでたなと…。

やがて泥から上がって汚れ落としをしていたら
疲弊していた身体がネを上げて、倒れてしまったなと…。

今思うと泥の中で必死になって泳ぎ方を工夫してた事が
今は、いろんな意味で役立っているような気がする。

今だって、アングルを変えたら清水にもみえるし、
泥水にも見える。
それが分かっただけでも、良かったかなと…。

現状が改善されているかどうか怪しいけど、
見るアングルが増えたこと、
それを意識できたことは良かった。

本当に良かった。



デザイナーの仕事 | 【2006-12-26(Tue) 19:18:36】 | Trackback(-) | Comments:(0)
指想
指想(しそう)。
これは80年代半ばに荒木経惟氏の造語として
出た言葉だったと思う。思想ではなく指想。

思想は、言葉を駆使し観念や信条を現出させる。
指想は、指先を通して見える形として観念や信条を現出させる。

デザイナーは、机上の空論では仕事にならない。
単に考えるだけでなく 形にして完結する。

カメラマンがシャッターをきるように、
デザイナーは鉛筆を握って何事かを描きつける。
いずれも、「指」という現実から生まれ出てくる。

指想という言葉はそんな意味も含んでいると思う。

たわごと | 【2006-12-25(Mon) 18:14:36】 | Trackback(-) | Comments:(0)
人の話を聞く
人の話をよく聞く人は幅が広がる。

具体的にいえば、
ボキャブラリーが広がる。もちろん知識も広がる。

よく聞くという事は、
自分のもっている言葉と知識の範囲の中で
理解するのではなく、興味をもって聞く事。

それができると、
クライアントの言葉にならない事…
つまり話す本人さえ気がついてない、
本当の言いたい事が聞こえるようになる。


‥ような気がする。。。




デザイナーの仕事 | 【2006-12-24(Sun) 22:51:43】 | Trackback(-) | Comments:(0)
愛をもってなおかつ相手を信用しない。
多くの仕事は、ヒアリングから始まるのだけど、
自身の問題を正しく把握しているクライアントは少ない。
ましてや正しく伝える事ができるクライアントは極僅か。

だから大いなる愛情を持った耳で聞き、
一方では非情で冷静なる脳をもって判断する。

愛だけなら二人は溺れてしまうし、
非情で冷静なだけなら二人の仲は発展しない。

だから、クライアントの話を聞く時は、
愛をもってなおかつ相手を信用しない。


デザイナーの仕事 | 【2006-12-23(Sat) 10:51:30】 | Trackback(-) | Comments:(2)
見えないものを形にする。そして意見、批判。
デザイナーの基本的職能、見えない物を形にする。

タダの紙切れにかいてある文章を、書体を選んで組み上げる。
またそれに適切なそして文章を膨らませる絵を探すプラスする。
一枚の写真を如何に効果的にトリミングするか、画面のどこに置くか。
どれもこれも、形になるまでデザイナーの頭の中だ。

そして‥

“見えないものを形にする。そして意見、批判。”の続きを読む>>
デザイナーの仕事 | 【2006-12-22(Fri) 12:41:59】 | Trackback(-) | Comments:(0)
思考停止状態
これしかないという思考停止状態に落ち入ってはいけない。

忙しい、ネタがでない、難解な仕事だといって
アイデアの切り口を減らすことはやめよう。
まだ他の切り口はないか?もっと転がせないか?と
貪欲に考えてみる。

考えだすとキリが無いけれど、
これしかしかないと自分に思い込ませないようにする。
これしかないと思うのは思考停止状態であり、
考えた事にはならない。

と自分にハッパをかけてみる。。。

デザイナーの仕事 | 【2006-12-21(Thu) 19:20:39】 | Trackback(-) | Comments:(0)
いずこも同じ‥で終わらすな!
研修に行っていた。
全国から印刷屋のクリエイタ?が集まって
ディスカッションするものなのだけど
思ったより実りがあった?というか悩みは全国共通だった…
という事が分かった。(それが結論かい!)

つまり、単価やすい、納期短い、ミスが減らない…だと。

でもねえそれはねえ、
三種混合の行く先はねえ、見えない下り坂スパイラルなの。
本当は一個づつ解決できるもんじゃない。


“いずこも同じ‥で終わらすな!”の続きを読む>>
デザイナーの仕事 | 【2006-12-20(Wed) 19:55:04】 | Trackback(-) | Comments:(0)
キタナイちらしは有効か?
最近どうやら魔法がとけたようだが、
船●総●などのコンサルが提唱する、
手描き風の「キタナイちらし」というものがある。
これは、ともかく目立つ事だけが前提とされている。



“キタナイちらしは有効か?”の続きを読む>>
デザイナーの仕事 | 【2006-12-19(Tue) 12:35:23】 | Trackback(-) | Comments:(0)
直球投手でいられるか?
20代の頃のデザインは直球で勝負していた。
相手が立ち尽くすぐらいの速球をドまん中に投げて勝負していた。
もちろんよく打たれたのだけど。

30代になってから中継ぎに転向。
直球の勝負より勝ちにつながる実直なデザインと
段取りの的確さに費やした。

そして‥

“直球投手でいられるか?”の続きを読む>>
デザイナーの仕事 | 【2006-12-18(Mon) 18:50:03】 | Trackback(-) | Comments:(2)
世間様に顔向けができるか?
アナログ時代は、ひとつの制作物に大勢の人間が関わっていた。
デジタル時代になって、その数がぐんと減った。
写植、版下、集版、フィルム、色校正、刷版…。

つまり昔に比べて、世間にお披露目する前に、
多くの人の目の洗礼を受けていないということだ。

(もし、この工程の人々に制作物のクオリティが判断できるのか?と言うのであれば、
 そう思うあなたの修行が足りない)

冷静に考えたら非常に恐い。
文字の間違いが見つかり難い等、実際的なこともあるが、
それよりも、
下手をすれば、世に出るまで制作者しか判断するフィルターがないために
とんでもなく世間から外れたものもあるんではなかろうか?

デジタル化してデザインの工程はかなり簡略化した。
全てが安易に作られているわけはないが、
考え方が安易になっていないかどこかで検証する事も必要だ。



デザイナーの仕事 | 【2006-12-17(Sun) 22:10:28】 | Trackback:(0) | Comments:(0)
印刷の色は二度と同じ色はでない。
同じ版で同じインクで同じ印刷機で刷っても、
厳密に言うと同じ色は二度と出ない。
仮に同じ色が出たとしても、今度は人の目が「曖昧」なのだ。

“印刷の色は二度と同じ色はでない。”の続きを読む>>
デザイナーの仕事 | 【2006-12-17(Sun) 08:06:20】 | Trackback(-) | Comments:(0)
ずばり効くわよ!…え!?
「え!?」である。
例ののぼりの修正が帰ってきた。

「ずばりキくわよ!」の「キく」を「効く」に修正せよ!?
え?オレ知らんぞ?。

これが最終で無い事を祈るのみなのだが、
ある意味革命的なことなので参加できて嬉しくも思う。

もし、薬局の前で黄色地に黒々と「効く」の文字が見えたら
迷わず「何に効くの?」とつっこんでやって欲しい。

デザイナーの仕事 | 【2006-12-15(Fri) 21:52:58】 | Trackback(-) | Comments:(0)
ずばり効くわよ
レギュラーで薬局関係の仕事をしている。

作っているものは、
同業者からすると「え?そんな仕事やってんのぉ?」と
白い目で見られること間違いなしのチラシがメインだ。
およそクリエイティブという言葉から極北の地にある仕事である。

でも…結構好き。なんである。
あまりにストレートなので目がさめるところが
好きなのかもしれないが、真意は我ながら不明である。

内容は品位を下げるから詳しくは書かないが
「これならできるし、お金も続く!!
チリも積もればスリムになれる●●ダイエット」(byなぐり書き状態)とかである。(書いとるやないか!)
その他にもっと凄いのもあるが…

ま、差し控えておこう。
で、その仕事の一連で薬屋の店頭に立てる
「のぼり」をデザインをする仕事がきた。




“ずばり効くわよ”の続きを読む>>
デザイナーの仕事 | 【2006-12-14(Thu) 12:35:22】 | Trackback(-) | Comments:(2)
草野球
今はなんとか日本のプロ野球は存続しているけれど、
もしプロが解散になってしまって
野球といえば草野球ばかりになったらどうだろう?
TVも草野球放映するんだろうか?

何年か前には、
デザイン業界にもプロリーグが(とてもゆるい縛りだけど)
あったはずだと思う。

そう思っていただけかも知れないけど。。。
しかし‥


“草野球”の続きを読む>>
デザイナーの仕事 | 【2006-12-13(Wed) 20:12:45】 | Trackback(-) | Comments:(0)
真実?
広大な砂丘の中で、

君は両手で砂をすくう。

両手に納まった砂を突き付け

これが真実だと主張する。

真実は、砂丘の砂粒ほどたくさんあるのに

その両手の中だけを真実だと言い張る。

でも、その指のすきまからさらさらこぼれてるじゃないか。


たわごと | 【2006-12-12(Tue) 22:23:42】 | Trackback:(0) | Comments:(0)
クライアントのこと
160ページの記念誌とB4のチラシ‥
どちらも急ぎだけれど、
やっぱり160ページの方に力が入る。
量が多いから?
いやそれは、両方のクライアントの顔を
思い浮かべるから‥

“クライアントのこと”の続きを読む>>
デザイナーの仕事 | 【2006-12-09(Sat) 00:23:00】 | Trackback(-) | Comments:(2)
これも仕事のうち
少々前の話。。。
公的資金から援助をもらって事業を広げるという
制度を利用したクライアントからの仕事。

なにやら総額の7割がたを国が補助してくれるらしい。。。

な?る。。。
(ちょいと、舌なめずりするwww)

んじゃあ、ちょっくらマトモな仕事の進め方にするか。。。
ということで‥

“これも仕事のうち”の続きを読む>>
デザイナーの仕事 | 【2006-12-07(Thu) 12:42:58】 | Trackback(-) | Comments:(1)
写真展のカードを作りました
atcy1.jpg




私の旧来の友人の写真展が催されます。
東京で、一月なので寄れる方は、頭の片隅に置いてやってください。
内容は保障します。


atcy2.jpg



デザイナーの仕事 | 【2006-12-01(Fri) 19:47:23】 | Trackback:(0) | Comments:(0)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。